【結果に驚愕】評価なFX自動売買システムを購入して実践。本当に利益が上がるのか試した結果報告

トレード

こんにちわ。イチハチです。

近年、副業という言葉がトレンドになっていますよね。

投資に分類される、株や為替、仮想通貨などから、アフィリエイトと言われる自分のメディアなどで商品等を紹介して紹介料を稼ぐ、大きくこの2つ目立った副業として考えられています。

ブログやYoutuberは競合も相当多く、質が良いコンテンツを作る必要があり、なかなか参入して稼げるようなイメージが無いです。

そこで、最近は株、FX、仮想通貨などのトレードが手軽に始められるとして勉強している人も増えています。

イチハチも株のトレードや仮想通貨トレードには昔から興味があり、趣味程度にトレードしています。

しかし、素人がトレードをすると、何も考えず、ただの勘に頼ってトレードをしてしまうので資金が減るのはあっという間です。

一方、世の中には、自動でトレードをしてくれる自動売買システムというなんとも夢のようなシステムが多く存在します。

お金を入れておくだけで、どんどんと増えていく。本当にそれが正しいのであればもう働く必要はないですね。

本当に夢のような話です。

みなさんは、そのように紹介されている自動売買システムは本当に勝てるのかどうか気になりませんか?

私はとても気になります。

そこでイチハチは前々から気になっていたとても評判の良い自動売買システムを購入して、実際に試してみることにしました。

その内容についてご紹介してまいります。

スポンサーリンク

自動売買システム「FLEXEA」

自動売買システムとは

まず、簡単に「自動売買システム」というものをご存知でしょうか?

自動売買システムとは、その名の通りで、システムに組み込まれている売買のアルゴリズムが相場を判断して、適したタイミングで売買を自動してくれるシステムです。

買うタイミング、売るタイミングは様々な情報を元に判断され、これから上がるであろうタイミングの前に自動で購入し、値段が上がった時に自動で売り注文をいれて利益を少しずつ上げていきます。

国内産や海外産、無料のものから有料のものまで様々です。

「FLEXEA」の紹介

Forex Flex EA - The Best MT4 Forex EA

金額:$330(日本円で36000円程度)※2019年1月20日頃

 

今回は、様々あるシステムの中から「FLEXEA」というFXの自動売買システムを使うことにしました。

まずは、この綺麗な右肩上がりのグラフをご覧ください。

どうですか、このチャート。
本当にきれいですよね。 これは公式サイトから取得したキャプチャになります。
このようにこのシステムを使えば、あなたの資金はこのように右肩上がりに増えていくのです。

さらに、数少ないですが、日本語で実践ブログもいくつかあります。

軒並み評判がとても良いです。

http://fxea.jp/ea/forex-flex-ea-review/

https://fx-hana.com/flexea/

https://xn--ea-3s9cx68e.com/result-201801-all/

これからの記事から見てもとても良い感じで利益を上げている事がわかります。
これなら、私の数少ない資金が翌年には倍くらいなっているかなと、いろいろと想像してしまいます。

もう、いろいろと調べるよりも買って試してみたほうが早いので早速、買っちゃいました。

システムの購入から導入まで

自動売買システムは、購入したからといってすぐに始めることが出来るというわけではありません。
こちらに始めるために必要なものをリスト化にしましたので御覧ください。

必要なもの

お名前.com VPS(windowsサーバー)

 自動売買システムを利用する上で、取引のタイミングを逃さないためにも24時間常にパソコンを起動しておかなくてはなりません。 自宅のWindowsPCでももちろん大丈夫ですが、パソコンが重くなったりとか、電気代の心配とか面倒なことを考えたくない私はVPSというサーバーをレンタルして常に起動した状態にしていました。 初めは無料なので使いやすいです。
また、サーバーと言ってもwindowsなので、自分のパソコンからwindowsを普通に操作するようなイメージで使えます。

Flex ea
この話のメインでもある自動売買ソフトです。

楽天証券
とくに、楽天証券でなければならないというわけではありません。 しかし、全ての証券会社がOKというわけでもありません。 下にも出てくるMT4というトレードアプリが使える証券会社でなければFlexEAは使えないです。 楽天証券はMT4も対応しており、私は普段から株トレードを行っているので、楽天証券ではじめることにしました。

・MT4(楽天証券FXからダウンロード可能)
MT4Meta Trade 4)というのは、トレードが行える無料で後悔されているアプリケーションです。 自由度が高く、このMT4に自動売買システムをインストールして使うような運びになります。
これはMac用は存在せず、windowsOSが必要となり、VPSwindowsを契約するのもMT4が使えるようにするためです。 このアプリは楽天証券のFXページからダウンロードが可能となっております。

初め方 その1〜システムの購入〜

Flex eaは 公式サイトでPayPalにて購入します。paypalのアカウントを持っていなくても購入はクレジットカードでいけます。 システムの購入をしてダウンロードまで済ませておいてください。

初め方 その2〜お名前VPSの登録と初期設定〜

もし、VPSサーバーを借りて始めるのであれば、お名前.com VPS(windowsサーバー)こちらから会員登録と、設定を行ってください。
macで利用する場合には、マイクロソフトが出しているVPS接続のアプリケーションがありまして、私はこちらのアプリを利用しています。

mac用 Microsoft Remote Desttop

初め方 その3〜楽天証券のMT4をwindowsにインストール〜

お名前.comのVPSサーバーに接続し、楽天証券にログインしてMT4をダウンロードします。

初め方 その4〜楽天証券のMT4を起動してFlex EAの設定〜

ダウンロードが完了すると、MT4を起動してください。
そして、FlexEAの公式ページに行き、システムのダウンロードも行います。
設定方法は、Youtubeにも動画で説明しているので、ここから確認ができます。

【FlexEA】指標ブロックの設定方法

これで設定完了です。

さぁ、自動売買システムの力で優雅な生活を手に入れれる!!

 

自動売買実験の結果

20181226日にシステム環境が一通り揃ったので、ついに自動売買システムを動かす時がきました。

といっても、いきなり何十万ものお金を回すのはあまりにもリスキーだと思うので、まずは1万円で売買テストを開始しました。

が。。。

取引詳細

20181227

口座へ入金をし、早速USD/JPYペア、レバレッジ25倍の設定で自動売買の設定を行いました。
しかし、待てど暮せど一向に取引が開始されません。 2週間ほど経過してもまだ取引が開始されませんでした。

2019113

このまま待っていても開始されないんじゃないかという不安から取引ペアを下記の3つに増やしました。

USD/JPY
GBP/ JPY
AUD/JPY

2019115(トレード1日目)

ペアを増やして2日後、初めての取引が開始されたことを確認できました。
1回目の取引は182円の利益となりました。

USD/JPY

108,604 → 108.422 182

2019117日(トレード3日目)

はじめての取引から2日後の17日、その時点での損益はなんと、−2109円。

初日の+182円はキレイになくなっており、なんと取引2日でマイナス20%を超えているではないか。

2019年1月19日(トレード5日目)

この日はほぼ動かず。

2019年1月20日(トレード6日目)

下の画像には1/19までの取引結果ですが、1月20日に確認をしたところ、さらに1000円以上マイナスになってしまっていました。

この時点で取引開始からたった5日で30%以上の資金がなくなったことになります。

この日、この自動売買ソフト Flex EAの信用度はゼロへと落ちたと同時に、私は、この実験の中止を決断をしました。

この画像は、1/15〜1/19までの取引結果です。

 

早々に使用中断

2017年からテクニカル分析の勉強をしたり、株トレードの勉強をおこなっている私にとっても115日現在のトレード相場は難しくないものだと感じていました。

なぜならば、1月3日におきたFXフラッシュ・クラッシュという数分で円が3円以上も値動きした事件が起きたばかりで、1ドル一時104円台になり、そこから値がもどりつつある最中だったタイミングです。

自動売買はアルゴリズムで動いているわけなので、トレードの中に売買ポイントがあったかと思われるのですが、月利7%を出していると高評価のソフトが開始早々4日程度で30%の損失は大きすぎると思いますし、使用をやめる判断には十分だと考えています。

「もうこのまま続けても期待は出来ない」

そう判断した私は早々と使用を諦め、Flex EAのポリシーに則って返金をしてもらおうと決意したのでした。

返金依頼方法

結論から言うと、Flex EAの返金方法は以外と簡単でした。

 公式webサイトにお問い合わせページは存在しておらず、キャンセルをし難くされている感はありましたが、ホームページのプライバシーポリシーページには連絡先を掲載しなければならないので、プライバシーポリシーページに行き、サポート用のメールアドレスをゲットしました。

プライバシーポリシーページ

サポート用メールアドレス:support@forexflexea.com

そこから、英語で事実を述べ、キャンセルと返金の依頼を出したところ、3日後にはペイパル経由で$330の返金がありました。

そのあたりのサポート体制はすごくしっかりしていると関心し、イチハチの短かったFXの自動売買システムの実践テストが幕を閉じました。

 

まとめ

結果:5日で30%減少

評判と結果は違う

楽して稼げればいいな~という甘い気持ちから調べ始めた自動売買システムでいろいろと調べて行き着いたのがFlex EAでした。 自分なりに調べてみて、相当評判が良かったものを見つけて試したつもりだったのですが、取引スタートからすぐにキレイに右下がりに資金が減っていくのをみて速攻諦めたわけであります。

しかし、他のブログ等を見ると本当に月で7%とか10%とかキレイに上がっていっているので、信じられませんし、信じていませんが、それも本当のことかもしれません。

様々な設定も出来るし、本当に勝ちパターンの設定もあるかもしれませんが、Flex EAのオススメの売買法でもあるflexhybridを使ってすら4日で30%は痛いものです。

これをはじめから100万円とかかけていたとなると、相当つらいものですね。

なので、出足で挫かれた自動売買ライフはあっけなく終わりということになりました。

他の実例を聞いてみたい

FlexEAは海外のシステムということもあり、日本語のブログなどは数が少ないのが印象です。 公式サイトの掲示板(保有者のみ)等でも情報収集がいけますが、英語が苦手だとちょっと手が出しにくいですね。

ブログをしていない方で、他にもFlexEAを使った事があるかたがいらっしゃいましたらぜひご意見を聞いてみたいです。

FLEX EAは諦めるが、他もいろいろと挑戦しつづける

副業というのはこれからもっと盛んになりますし、私自身も投資やトレードに対して積極的にチャレンジしていくつもりは変わっていません。

1万円で実験が出来たというのは決して失敗ではなく、また一つ勉強になったとポジティブに考えています。

最近は忙しくてあまり自由な時間は取れませんが、これからも空いた時間があればいろいろと情報収集をおこない、みなさんに共有していければと考えていますので、ぜひまたブログを除きに来ていただけると嬉しいです。

それではまた。

 

コメント