【初心者必読】初めて選ぶWordPressレンタルサーバー 3選

スポンサーリンク
開発日記
スポンサーリンク

こんにちわ。 イチハチブログです。

これからwordpressを始めようと考えていているけれど、どのサーバーが良いかわからない。とお悩みではありませんか? 初めてだとどれを選べばよいのか分からないですよね。 金額が安いところや、サポートがしっかりしているところ。 サーバー会社によって多種多様です。

私は10年以上WEB制作に携わってきて、様々なサーバーに触ってまいりました。

この記事では私が仕事で実際にクライアントさんにおすすめしているサーバー会社を3つご紹介していきます。

スポンサーリンク

初めてのWordpress構築でオススメのレンタルサーバー

ここでは、記事を読んでいただいている方は初心者の方を想定しています。 サーバーのタイプも様々ですが、ここではご紹介するのは「レンタルサーバー」になります。 レンタルサーバーとは、ホームページを作っていくうえで必要な周辺の環境が全て揃っているので、すぐにWordpressを始めることが出来るようになっています。 要するに、あまり他のことは考えなくても良いという気軽さがあるということです。

なので本日はレンタルサーバーを紹介していきます。

選択肢は3つでOK。私が実際に使い続けるレンタルサーバー

上でも述べましたが、10年以上WEB屋さんとして働いておりまして、様々なサーバー会社を使ってまいりました。使いにくくすぐに使わなくなったりしたものもありますし、これから紹介するサーバーのように今でも使い続けているものもあります。 その中で、今はこちらの3つに絞り込まれている状況です。
例えば、本当に初めてホームページを立ち上げたいという依頼があったクライアントさんに対して、3つの中から用途をお伺いしてクライアントさんに会ったサーバー会社を勧めておりますので、安心して選んでいただけると思います。

さくらサーバー

さくらサーバーは2016年7月に契約者数40万件突破の超有名なサーバー会社です。 
WordPressも使えるプランはリーズナブルな月額515円と年額6000円ほどで使えますし、管理画面のインターフェイスはとても見やすい印象です。(ちょっと古い感じもしますが)
ただ、下でも述べますが、webサイトを複数使う場合にちょっと個人的な難点を感じました。

 

 

さくらサーバー

エックスサーバー

10年の経験上、圧倒的にオススメはエックスサーバーです。 初めての方は聞いたことが無い人もいらっしゃるかもしれませんが、こちらの管理ページの使いやすさ、複数サイトの運用のしやすさなど、他と比較しても圧倒的にオススメできるクオリティを持ったレンタルサーバー会社です。
私はこちらのサーバー1契約で20ほどのサイトを運用しております。 
初年度は15000円/年間と他のサーバーと比べて高いですが、少し頑張ってこちらを選ぶ価値はあります。

エックスサーバー

ロリポップサーバー

こちらのサーバーは若者から人気なのと、安くサーバーを持てるというイメージがあります。
チャットサポートがついているので、わからないところがあれば気軽に問い合わせができます。
とにかく安く使いたいという場合にはおすすめです。

ロリポップ!

料金について

3つレンタルサーバーの料金には大きな差があります。 1ヶ月毎の支払いに対応していないものもあるので、最低1年間で契約した場合の料金を比較しました。

  さくらサーバー エックスサーバー ロリポップサーバー
プラン名 スタンダード X10プラン ライトプラン
初期費用 1,029円 3,240円 1,620円
1年目総額 6,171円 16,200円 4,860円
2年目以降 5,142円 12,960円 3,240円

このような結果になりました。 
安さを順にすると

安さ順位 サーバー会社 1年目 2年目
1位 ロリポップ! 4,860円(±0円) 3,240円(±0円)
2位 さくらサーバー  6,171円(+1,311円) 5,142円(+1,902円)
3位 エックスサーバー 16,200円(+11,340円) 12,960円(+9,720円)

こうして見てみると、1位のロリポップとエックスサーバーの金額の差は大きいですね。

詳細なサービス比較(スペック)

次に、サービス内容です。 まずは、サーバーを選ぶにあたって、容量やセキュリティなどを考えないといけません。
セキュリティでは今はSSLという通信を暗号化した設定にしないとGoogleから嫌われてしまうようです。 Googleから嫌われてしまうとSEOという検索ランキングに大きな悪影響が出るので、そこのあたりは必須で考えないと行けないということになります。

SSLとは?
セキュリティ上の意味や仕組み、メリットをわかりやすく解説!

https://ds-b.jp/ds/publics/index/200/
  さくらサーバー エックスサーバー ロリポップ!
プラン名 スタンダード X10プラン ライトプラン
複数FTPアカウント
ディスクスペース 100GB 200GB(SSD※) 50GB
転送容量 記載無し 無制限 60GB/日
無料独自SSL 無(別途有料)
MySQL 50個 50個 1
PHP
マルチドメイン ※ 150個 無制限 50
サブドメイン ※
nginx ※ 記載無し 記載無し
サポート 電話/メール 電話/メール チャット/メール
サポート時間 平日9:45~18:00 平日10:00~18:00 平日 09:00~19:00
土日 10:00~19:00
  サイトへ行く サイトへ行く サイトへ行く

※SSD・・・最近のPCで使用されている高速ハードディスク
※マルチドメイン・・・独自ドメインの利用できる数
※サブドメイン・・・ test.yahoo.co.jp のようにyahooの前についているサブで使えるドメイン。
※nginx・・・大量の同時アクセスへの処理に最適化されており、「nginx」が未導入の環境に比べ処理速度が速く、突発的にアクセスが集中した場合でも安定したWebサイトの運営が可能です。

スペックは圧倒的にエックスサーバーの勝利

上のグラフを見てわかりますが、なんと言ってもエックスサーバーのディスクはSSDを採用しているところが良いです。 HHDとSSDのスピードの違いは圧倒的と言って過言ではないくらい違いがありますので、訪問者からするとストレスなくホームページを閲覧出来る環境だと思います。

複数FTPアカウントも重要になる可能性があります。

FTPとは、HTMLやPHPをコーディングするときに必要なアクセス権限のことです。 一人だけで開発を行うのであれば複数のFTPアカウントは必要ありませんが、将来的にチームを組んで、複数の人たちでコーディングする可能性があるのであれば、エックスサーバーという選択技になります。私もさくらサーバー、ロリポップでそのシチュエーションに困った経験があるので、少し将来を考えて検討した方がよいと思います。

目的別で選ぶレンタルサーバー

では、スペック、金額がわかったところで、結局どれを選んだほうがよいのかを考えていきたいと思います。
こちらで3つのパターンを考えてみましたので、ひとつずつ書いて行きますね。

とにかく安く初めたい人はロリポップ

まちがいなくロリポップでしょう。

ロリポップ!

金額は他社に大きく差をつけていますし、多くの人が利用している実績もあるので安心して利用することができるでしょう。

チームで開発する予定

FTPアカウントが複数作れるエックスサーバーということになります。

エックスサーバー

速度が早いほうが良い

こちらもなんといってもSSDを採用しているエックスサーバーに分配があがります。

エックスサーバー

安いほうで容量にも余裕がほしい

100GBの容量で、初年度が6000円ほどのさくらサーバーがオススメですね。

さくらサーバー

まとめ

私の正直なところでいいますと、上でも強くオススメしていたエックスサーバーに分配があがります。 

・管理画面の使いやすさ
・複数サイトの運用のしやすさ
・複数アカウントにも対応している
・無料SSLも対応
・速度も安定している

ただ、金額がちょっと高いですが、使うメリットとして大きいものがあるので、私は仕事でもエックスサーバーの方をお勧めする頻度が高い状況です。

3社とも無料期間がついているので、まずは3つ使ってみてから契約するのも良いと思います。

無料お試し期間で使ってみる

さくらサーバー エックスサーバー ロリポップ!
無料お試し2週間 無料お試し10日間 無料お試し10日間
サイトへ行く サイトへ行く サイトへ行く

お願いしたい場合

また、イチハチでは、wordpressの構築代行をずっと10,000円ぽっきりで承っております。

面倒くさいとか、早く構築して今すぐ運用を初めたいという方は、
こちらまでお問い合わせください。

※事前に、お試し期間でも良いので契約作業を済ませておく必要があります。

それでは、この記事は以上になります。

初めてWordpressを作り上げた瞬間はとても嬉しかったことを今でも思い出します。
みなさんの素敵なWordpresライフになることを祈っています。

それでは!

コメント