自社サイトの求人情報を「googleしごと検索」に表示させる方法

開発日記

2019123日に求人広告業界では恐れられていたGoogleの新たなサービス「Googleしごと検索」がついに日本で正式にリリースされました。

Googleの検索結果に求人情報を載せられるようになることで、求人業界の勢力図にも大きな変化が現れていくだろうと言われている大きなニュースです。

この記事では、Googleしごと検索の概要と、自社サイトの求人情報をGoogleしごと検索に載せる方法が解ります。

 

スポンサーリンク

Googleしごと検索とは

先程も述べましたように、Googleの新たなサービス「Googleしごと検索」がついに日本で正式にリリースされました。

アメリカでは昨年にすでにスタートしていたもので、これがようやく日本でも使えるようになったということです。

Google プレスリリース

https://japan.googleblog.com/2019/01/shigoto-search.html?m=1

Googleの検索フォームに「新宿 エンジニア 求人」と検索すれば、検索結果ページに求人内容も一緒に表示されるようになるというものです。

検索結果に表示のされ方

23日のリリースから早速、検索結果にも表示されるようになっています。

このように検索結果一覧ページに入り込むような感じで求人情報が表示されるようになりました。

結果一覧をクリックすると仕事一覧が表示され、簡単に仕事を探す事ができるようになっています。 Googleらしいページデザインでシンプルで見やすい印象です。

 

自社サイトも掲載が可能になる

これらは、自社の求人情報も掲載する事ができるようになり、わざわざ求人サイトにお金を払って登録をせずにも、無料で掲載することができるようになります。

その方法をこれからご案内いたします。

自社サイトの求人情報を登録する方法

簡単に説明をすると、求人ページに下にある「構造化データ」を追加するのみです。
しかし、求人情報を登録の仕方の前に注意点があります。

注意点
求人の詳細ページに組み込むこと

検索結果などのページには組み込みはできないようです。

それでは、テンプレートの書き方について説明していきます。

構造化データ テンプレート

自社の求人ページをGoogleしごと検索にも表示させたい場合は、Googleが用意した構造化データに沿ってHTMLなどのページに追加をしなければなりません。

その構造化データがこのようになっています。

<script type="application/ld+json"> {
  "@context" : "https://schema.org/",
  "@type" : "JobPosting",
  "title" : "Software Engineer",
  "description" : "<p>Google aspires to be an organization that reflects the globally diverse audience that our products and technology serve. We believe that in addition to hiring the best talent, a diversity of perspectives, ideas and cultures leads to the creation of better products and services.</p>",
  "identifier": {
    "@type": "PropertyValue",
    "name": "MagsRUs Wheel Company",
    "value": "1234567"
  },
  "datePosted" : "2017-01-18",
  "validThrough" : "2017-03-18T00:00",
  "employmentType" : "CONTRACTOR",
  "hiringOrganization" : {
    "@type" : "Organization",
    "name" : "Google",
    "sameAs" : "http://www.google.com",
    "logo" : "http://www.example.com/images/logo.png"
  },
  "jobLocation": {
  "@type": "Place",
    "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "1600 Amphitheatre Pkwy",
    "addressLocality": ", Mountain View",
    "addressRegion": "CA",
    "postalCode": "94043",
    "addressCountry": "US"
    }
  },
 "baseSalary": {
    "@type": "MonetaryAmount",
    "currency": "USD",
    "value": {
      "@type": "QuantitativeValue",
      "value": 40.00,
      "unitText": "HOUR"
    }
  }
}
</script>

これを自社の求人情報に書き換えていきます。

書き方のサンプル

この構造化データからサンプルの求人情報を入力していきます。

<script type="application/ld+json"> {
  "@context" : "https://schema.org/", // そのままでOK
  "@type" : "JobPosting", // そのままでOK
  "title" : "飲食店ホールスタッフ募集", // タイトル
  "description" : "<p>【仕事内容】<br>焼き肉 ニクニクでは、ホールスタッフを募集しております。明るく元気な人からの応募をお待ちしております! <br>未経験者OK!</p>", //説明文
  "identifier": {
    "@type": "PropertyValue", // そのままでOK
    "name": "焼き肉 ニクニク 本店",  // 会社名
    "value": "" // 識別子。 無ければ入力不要ぽいです
  },
  "datePosted" : "2019-01-24", // 投稿日
  "validThrough" : "2019-03-20T00:00", //求人情報が期限切れになる日付
  "employmentType" : "PART_TIME", //求人タイプ (下に補足あり)
  "hiringOrganization" : {
    "@type" : "Organization", // そのままでOK
    "name" :"株式会社ニクニク", // 会社名
    "sameAs" : "http://www.nikuniku-test.com", //ホームページ
    "logo" : "http://www.nikuniku-test.com/images/logo.png" // 会社ロゴのURL
  },
  "jobLocation": {
  "@type": "Place", // そのままでOK
    "address": {
    "@type": "PostalAddress", // そのままでOK
    "streetAddress": "中央区赤坂1-1-1", // 番地
    "addressLocality": "福岡市",
    "addressRegion": "福岡県",
    "postalCode": "810-0000",
    "addressCountry": "JP"
    }
  },
 "baseSalary": {
    "@type": "MonetaryAmount", // そのままでOK
    "currency": "JPY", // 通貨
    "value": {
      "@type": "QuantitativeValue", // そのままでOK
      "value": 250000, // 給与金額
      "unitText": "MONTH" // 給与体型
    }
  }
}
</script>

 

詳細

ひとつずつの詳細です。

必須のプロパティ
datePosted Date

雇用主が求人情報を投稿した最初の日付(ISO 8601 形式)。たとえば、”2017-01-24″、”2017-01-24T19:33:17+00:00″ のように指定します。

"datePosted": "2016-02-18"
description Text

HTML 形式での求人の詳細な説明。

description では、求人について詳細に説明します(職務、資格、スキル、業務時間、学歴に関する要件、経験に関する要件など)。description と title を同じにすることはできません。

その他のガイドライン:

  • 説明は HTML 形式にする必要があります。
  • 段落を追加するには、<br><p>\n を使用します。
  • 有効なタグには、<p><ul><li>、および見出し(<h1><h5>)などがあります。
  • <strong> や <em> などの文字レベルの形式タグも使用できます。
hiringOrganization Organization

職位を提供している組織。これには会社名を指定する必要があります(例: “Starbucks, Inc”)。所在地は含めないでください(例: “Starbucks on Main Street”)。例:

"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com"
}

サードパーティの求人サイトのロゴ

サードパーティの求人サイトの場合、特定の組織について、その組織のナレッジグラフ カードに表示されているロゴ画像とは異なるロゴを指定できます。特定の採用側組織のロゴとして別の画像を表示するには、該当のロゴのプロパティを hiringOrganization 列に追加します。ロゴ画像に関するガイドライン会社のロゴに関するガイドラインに準拠していることを確認してください。例:

"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com",
  "logo": "http://www.example.com/images/logo.png"
}
jobLocation Place

オフィスや作業現場など、従業員の職場となる特定の場所(求人情報を投稿した場所ではない)。できるだけ多くのフィールドを指定します。指定するプロパティが多いほど、ユーザーにとっての求人情報の質が高くなります。例:

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "555 Clancy St",
    "addressLocality": "Detroit",
    "addressRegion": "MI",
    "postalCode": "48201",
    "addressCountry": "US"
  }
}

複数の職場

職場が複数ある場合は、配列に jobLocation プロパティを複数追加します。Google は、求職者の質問に基づいて、表示する最適な場所を選択します。

リモートワーク

業務時間中、常にリモートワークする求人の場合、jobLocationType を指定する必要があります。applicantLocationRequirements プロパティを指定する場合、jobLocation は必須ではありません。

title Text

職務の名称(求人情報のタイトルではない)。たとえば、”Software Engineer”、”Barista” のように指定します。例:

"title": "Software Engineer"

おすすめの方法:

  • このフィールドには職務の名称のみを指定します。
  • title フィールドには、求人コード、住所、日付、給与、会社名は含めないでください。非推奨例: Apply now for IT job -FRENCH speaker in Bucharest推奨例: Market Specialist, French speaker
  • 簡潔で読みやすい名称を指定します。
  • 「!」や「*」などの特殊文字を多用しないでください。特殊文字を多用すると、構造化データがスパム行為のある構造化マークアップとみなされることがあります。数値や、「/」、「-」などの文字は使用できます。非推奨例: *** WAREHOUSE HIRING NOW!! ON A BUS ROUTE!! ***推奨例: Shipping and Receiving Warehouse Associate
  • title の代わりに name を使用しないでください。title プロパティと name プロパティを入れ替えることはできません。
  • サードパーティの求人サイトの場合は、上記のガイドラインに準拠するために職務の名称を変更しないでください(名称が読み取れなくなる可能性があるため)。代わりに、雇用主から指定された名称を指定してください。
validThrough DateTime

求人情報が期限切れになる日付(ISO 8601 形式)。たとえば、”2017-02-24″、”2017-02-24T19:33:17+00:00″ のように指定します。例:

"validThrough": "2017-03-18T00:00"

求人情報に有効期限がない場合や、求人情報がいつ期限切れになるかがわからない場合は、このプロパティを指定しないでください。求人情報が期限切れになる前に採用が決まった場合は、求人情報を削除してください

推奨プロパティ
applicantLocationRequirements AdministrativeArea

従業員がリモートワークを行うために所在する必要のある地域。求人情報には、応募者が特定の地域に所在する必要があることを明記する必要があります。このプロパティは、応募者が 1 つ以上の地域に所在する必要があり、その仕事が完全にリモートワークで行える、または完全なリモートワークが義務である場合にのみ推奨されます。

次の例は、米国内のどこからでもリモートワークできることを示しています。

"applicantLocationRequirements": {
  "@type": "Country",
  "name": "USA"
},
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

次の例は、カナダ国内からリモートワークするか、ミシガン州デトロイトにある特定の職場で勤務できることを示しています。

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "555 Clancy St",
    "addressLocality": "Detroit",
    "addressRegion": "MI",
    "postalCode": "48201",
    "addressCountry": "US"
  }
 },
"applicantLocationRequirements": {
    "@type": "Country",
    "name": "Canada"
 },
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"
baseSalary MonetaryAmount

雇用主から提示された実際の基本給(概算額ではない)。

QuantitativeValue の unitText には、次のいずれかの値(大文字と小文字を区別)を使用します。

  • “HOUR”
  • “DAY”
  • “WEEK”
  • “MONTH”
  • “YEAR”

例:

"baseSalary": {
  "@type": "MonetaryAmount",
  "currency": "USD",
  "value": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "value": 40.00,
    "unitText": "HOUR"
  }
}

給与の範囲を指定する場合は、value ではなく、minValue と maxValue を定義します。例:

"baseSalary": {
  "@type": "MonetaryAmount",
  "currency": "USD",
  "value": {
    "@type": "QuantitativeValue",
    "minValue": 40.00,
    "maxValue": 50.00,
    "unitText": "HOUR"
  }
}
employmentType Text

雇用形態。例:

"employmentType": "CONTRACTOR"

次の値(大文字と小文字を区別)から 1 つ以上を選択します。

  • “FULL_TIME”
  • “PART_TIME”
  • “CONTRACTOR”
  • “TEMPORARY”
  • “INTERN”
  • “VOLUNTEER”
  • “PER_DIEM”
  • “OTHER”

employmentType プロパティは複数含めることができます。例:

"employmentType": ["FULL_TIME", "CONTRACTOR"]
identifier PropertyValue

求人に関する採用側組織の一意の識別子。

例:

"identifier": {
  "@type": "PropertyValue",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "value": "1234567"
}
jobLocationType Text

業務時間中、自宅など本人が選択した場所で常にリモートワークする求人の場合、このフィールドに TELECOMMUTE を設定します。jobLocationType を追加するのに加えて、その求人が完全にリモートワークであることを求人情報に明記する必要があります。求人が完全にリモートワークである場合、jobLocationType プロパティは必須です。

要件

  • TELECOMMUTE が設定された求人は、完全にリモートワークでなければなりません。一時的な在宅勤務が許される求人、交渉次第でリモートワークが可能な求人、完全なリモートワークではないその他の業務形態にこの値を設定しないでください。単発または短期の求人であることは、リモートワークであるかどうかには関係ありません。
  • 応募者が勤務する国を 1 つ以上指定する必要があります。推奨される方法は、applicantLocationRequirements を使用することです。このプロパティを使用しない場合、デフォルトで jobLocation の国に設定されます(特定の職場で勤務する選択肢もある場合)。リモートワークの求人に applicantLocationRequirements が指定されていない場合、jobLocation で指定された国のすべての求職者にその求人情報が表示されます。

次の例は、従業員がアリゾナ州ツーソンにある特定の職場で勤務するか、米国内でリモートワークできることを示しています。

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "addressLocality": "Tucson",
    "addressRegion": "AZ",
    "addressCountry": "US"
  }
 },
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

参照:https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting

 

検証方法

作ったデータが問題があるかどうかは検証ページで確認することが可能です。

検証ページ

構造化データ テストツール

このようにコピペして検証ボタンを押すことで問題があるかどうかを調べることができます。

求人ページに貼り付け

すべて完了しましたら、そのコードを自社の求人ページに貼り付けてください。

そして、Googleにページの通知を下記の2つのどちらかで行います。

  • Indexing API を使用して、クロールする新しい URL や、URL のコンテンツが更新されたことを Google に通知します。
  • Indexing API を使用しない場合は、GET リクエストを次の URL に送信して Google に新しいサイトマップを送信します。

参考:https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting

 

これで全ての作業は終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? このように簡単にGoogleしごと検索にも自社の求人情報を掲載することが可能になります。

ひとつずつ変えていくのはしんどいと思われたかたも多いかと思いますが、お金を払って求人募集を行うという時代が終わりつつあるのかもしれません。

 

もし、wordpressを利用されている企業様や、新しく、求人ページをwordpressで作成したいという方は、Wordpressのカスタマイズも承っておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

投稿フォームを用意し、簡単に求人情報が投稿できるような仕組みをご提案いたします。

 

お問い合わせはこちらから

 

それではまた。

コメント